西山敏樹 (にしやま としき)

1976年生まれ.
慶應義塾大学総合政策学部,同大学院政策・メディア研究科修士課程を経て,政策・メディア研究科後期博士課程修了(2003年).博士(政策・メディア).
現在,慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別研究講師と財団法人(国土交通省所轄管理)地域開発研究所客員研究員を兼務.
専門は,交通政策論(特にバス事業論),公共交通環境のユニヴァ−サルデザイン,社会調査法等.
国内では数少ないバス事業に精通する研究者で,最近では滑らないバス用床材や電気自動車技術のバスへの応用戦略の研究等に携わる.