+ BackNumber | < Next | Back >
 
Z旗
Zetto-Ki(首都圏 091)
普段の活動場所:渋谷等
収録日:2003年9月30日
Z旗

星に願いを LOW 28k HIGH 128K
  C. C. Rider LOW 56K HIGH 250K

※こちらをお楽しみいただくにはWindows media playerが必要となります。プラグイン(無料)のダウンロードはこちら>>

★----------- いい
★★
★★★-------- かなりいい
★★★★
★★★★★----- ものすごくいい
このミュージシャンに★を
背水の陣で勝負を挑む大人のロック
 「ロック」と聞くと、どんなイメージがありますか?中には、激しい音楽、音が大きい、といった印象を持っている人もいるかもしれません。Z旗(ゼットキ)は、そんなロックに対するイメージをいい意味で壊してくれる大人のロック・バンドです。

 Z旗は、TAKA(vo)、Hiroaki Kagoshima(p)、Kenji Ishikawa(ds)、Toshi Shimizu(b)、Satoshi Kawase(g)の5人組。5人は以前から一緒に音楽活動をしてきた仲間で、「年齢を重ね、お尻に火がついて」今年5月にZ旗を結成しました。そもそも「Z旗」は、戦争時、背水の陣の時に掲げる信号旗として使われていたもの。「自分たちも背水の陣としてこのバンドを旗掲げしよう」と思い、バンド名にしたそうです。

 音楽活動を始めて10年以上になるヴォーカルのTAKAさんは、幼い頃から音楽を聴いていて、自然に音楽をやりたいという意識になっていったそう。そして、自分を一番表現することができた音楽の道へ進むことを決めたのだといいます。そんなTAKAさんが最近お気に入りのアーティストは、ブライアン・セッツァー。ストレイ・キャッツの曲はほとんど好きだというほどの入れ込みようです。

 また、Z旗での活動以外に、ソロでも活動中のTAKAさんは、現在BSフジで放送中の『銀河鉄道999』の続編『銀河鉄道物語』のエンディング・テーマ「銀河の煌」の楽曲を提供したそう。その他にも、『ガチャフォース』のオープニングテーマ「戦え!ガチャフォース」、『超ロボット生命体 トランスフォーマーマイクロン伝説』のオープニングテーマ「〜tranceformers 鋼鉄の勇気〜」など、数多くのアニメ・ソングを手掛けています。TAKAさんが楽曲を提供したCDは、シングル16枚、アルバム13枚にものぼります。

「Z旗の魅力は?」と尋ねると
「大人のムードを出しつつ、それに囚われていないところ」(Toshiさん)、
「ロックだけど、クオリティは落とさず、ノリ一辺倒じゃないところ」(Ishikawaさん)。
「大人のロック。若い人たちには若い人たちのやり方があるだろうけど、僕らは30過ぎているので、それなりに年齢を重ねてきたものを表現していきたい。でも、決して守りに入る訳ではなくて、攻めの姿勢は忘れず。直球ではなく、変化球の攻めで(笑)」(TAKAさん)

 今回披露してくれた「星に願いを」という曲は、「友達の気持ちを代弁するつもりでつくった」という浮気の歌。TAKAさんの語りかけるような歌声に、自分の過去を振り返ってしまう人もいるかもしれません。「どうすればあきらめがつく? 許されぬ恋に」とせつない歌詞にブルースの要素も加わり、まさに「大人のロック」といった感じです。

 今後は、「大勢の人に聞いてもらいたいから」メジャー・デビューを目指すというZ旗。TAKAさんは「お尻に火はついているので、どんな環境でも目一杯活動して、前向きにガンガンやっていきたい。」と抱負を話してくれました。この日は秋風が強い肌寒い日でしたが、TAKAさんの歌声は、寒さを忘れさせてくれました。

 年内にインディーズでCD出す予定で、それを皮切りに活動が広がりそうなZ旗。今後は、ロックを基本としつつ、ジャズやブルースなど色々なテイストも織り交ぜていくことも考えているそう。今度はどんな「大人のロック」を聞かせてくれるか楽しみです。

Z旗のホームページ
URL : http://www.h3.dion.ne.jp/~ramblers/index.html
(文=萩本朋子/取材=JFN)


About JFN | Privacy Policy | Contact Us
JAPAN FM NETWORK ALL rights reserved.