今月の放送
番組概要
メール
プロフィール
田原総一朗のタブーに挑戦!
プロフィール

田原 総一朗

たはら そういちろう

 

評論家・ジャーナリスト

1934年滋賀県彦根市生まれ 早稲田大学文学部卒業

岩波映画製作所 テレビ東京を経て、‘77年フリーに。現在は政治・経済・メディア・コンピューター等、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。テレビ朝日系で‘87年より『朝まで生テレビ』(毎月最終金曜PM25:00〜28:00)、‘89年より『サンデープロジェクト』(毎週日曜AM10:00〜11:45)に出演。テレビジャーナリズムの新しい地平を拓いたとして、‘98年ギャラクシー35周年記念賞(城戸賞)を受賞した。‘02年4月より母校・早稲田大学で「大隈塾」を開講、塾頭として未来のリーダーを育てるべく、学生たちの指導にあたっている。


‘05年4月より早稲田大学特命教授。


著書

『原子力戦争』『電通』『日本の官僚』『田原総一朗の闘うテレビ論』
『頭のない鯨〜政治劇の真実』『日本の戦争〜なぜ、戦いに踏み切ったか?』(小学館)
『面白い奴ほど仕事人間』(青春出版社)『日本のカラクリ21』(朝日新聞社)
『日本の政治〜田中角栄・角栄以後』(講談社)
『日本の戦後 上〜私たちは間違っていたか』(講談社)
『日本の戦後 下〜定年を迎えた戦後民主主義』(講談社)
『田原総一朗自選集T 政治と権力のカラクリ』(アスコム)
『田原総一朗自選集U 経済神話のカラクリ』(アスコム)
『田原総一朗自選集V 日米IT戦争のカラクリ』(アスコム)
『田原総一朗自選集W メディアと権力のカラクリ』(アスコム)
『田原総一朗自選集X 性と生命のカラクリ』(アスコム) 
『テレビと権力』(講談社)『大日本帝国の民主主義』坂野潤治共著(小学館)
『憂国論』(朝日新聞社)『市場浄化』(講談社)『正義の罠』(小学館)ほか多数。
雑誌『田原総一朗責任編集 オフレコ!』
6月新刊『正義の罠 リクルート事件と自民党―20年目の真実』(小学館)

連載
週刊朝日(朝日新聞社)『田原総一朗のギロン堂』
月刊現代(講談社)『10年後 日本再生への旅』
日経BPネット コラム「政財界ここだけの話」(Webサイト)

映画
『あらかじめ失われた恋人たちよ』(‘71年)監督。
2007年8月30日現在



本郷明美

本郷明美

ほんごうあけみ

 

フリーライター。福島県生まれ。 1997年より、田原総一朗の著書「日本の戦争」「正義の罠」(以上小学館)、「日本の戦後」「日本の政治」(講談社)等に取材スタッフとして関わる。