周辺地図はコチラ(広域主要部 PDFfile) カナダ全図
 
旅人 内田正洋  撮影/中村隆之

カナダ ブリティッシュ・コロンビア州の旅

『マザーシップカヤッキング&
            スピリットベアを探せ!』
    
     〜カナダの玄関口 バンクーバー編〜

 
4回シリーズでお送りする、雑誌「Tarzan」との海外共同企画!

カナダ ブリティッシュ・コロンビア州の旅 『マザーシップカヤッキング&スピリットベアを探せ!!』

カナダ北西部に太古の昔から茂る、温帯雨林に生息する幻の白いクマ 「スピリットベア」を探しに、
手付かずの自然や氷河の後退によって できたフィヨルドの海を、大型ヨットとカヤックで旅します。

第1回目は、この旅の始まりとなった、カナダの玄関口  バンクーバーの街をお送りします。


グランビルアイランドの港
市民の足となっているこの小さな船には、
自転車を乗せることができる


グランビルアイランドからみたバンクーバー市街と
今回の旅人 内田正洋さん


バンクーバーではヨガがブーム。街にはこんなヨガウエアでヨガマットを背中に掛けた女性も。


バンクーバー発ヨガウエアの人気ブランドのひとつ
「LOTUS WEAR」


おなじく人気の「lululemon」。青山にも支店あり。


グランビルアイランドにあるヨガスタジオ「SEMPERVIVA」




内田さん、SEMPERVIVAでヨガに挑戦!
意外にイケテます




今回のヨガの先生ケリーさん。



イテテテテ・・・


先生と生徒のみなさんにインタビュー


グランビルアイランドにある地ビール工場


カナダでは日本よりずっと前から地ビールがブーム。
カナダ最初のミニ醸造所で、
製造過程を見学する事も出来る


各種地ビールの試飲。
さすがカナダ、メイプルシロップビール… 甘いの?


グランビルアイランドにある地ビール工場。


バンクーバーといえば周りに海があり、
近くに山がある自然に囲まれた美しい都市。
自然環境を活かしたスポーツ、トレールラン、 フリー
クライミング、キャンプ、シーカヤック…など盛んなため、
街のいたるところにスポーツショップがあります。

ここは、中でも目立つ大型のアウトドアショップ Mountain Equipment Coop(マウンテン・エクイップメント・コープ)


Mountain Equipment Coop カヤックのコーナー


MECは書籍も充実。今回の旅の地図も調達。
MEC周辺にはアウトドアショップが集中している。


バンクーバーは自転車サイズの街という事もあり、
マウンテンバイクに乗る人が非常に多い。


いたるところに目に付くのが、地面からニョキっと突き出す、
鉄パイプのオブジェのような物。
これ、「自転車ラック」。


市の方でも一人しか乗らない自動車の削減を目的に
自転車を奨励。
自転車道も整備されているし、公共機関のバスには
2台分の自転車が乗せられるラックがついている。
さらに街を行き来する船にも、自転車が乗せられるほど。


伝説のカヤックショップ
「Ecomarine Ocean Kayak Center」を訪問。



「Ecomarine Ocean Kayak Center」元オーナー、
ジョンダウト氏が出版したシーカヤックのバイブル本を
日本版に監修したのが、我らが内田正洋さん!
その後、内田さんは日本で初めてのシーカヤックの
マニュアル「シーカヤッカーズ・ハンドブック
北西太平洋版―海を歩くためのマニュアル」
という本を出版。
カヤックに興味のある方、是非ごらんあれ!


グランビル橋の下にあり、入り江に浮かぶ
マーケットプレイス 「グランビルアイランド」全景。


グランビルアイランドは昔の工場地帯を再開発した場所で、
ダウンタウンの南側に位置する。
90軒以上のショップ、40軒を超えるレストランやカフェ、
マーケット、ホテル、映画館、ビール工場などが集まり、
地元の人にも定評の観光スポットになっている。


その一角、かつて倉庫だった4000uの建物の中に
農家直送の野菜や果物、焼きたてパン、
サーモンなどの魚介類、スパイスやスープ、パスタ、
自家製チョコレートなどなど…、30以上の専門店が
並び何でもそろっている、バンクーバー市民の台所
「パブリック・マーケット」を覗いてみることに。



グランビルアイランド・パブリックマーケットの風景



最近バンクーバーで増えてるというベジタリアン・レストラン
“Animals are not for eating” がポリシーのお店
「Fuondation(ファウンデーション)」。


平日だというのにこの後客足が増え、
店の外にまで並びだした






赤カブのスープ

ハンバーガーも、お肉ではなく、豆腐バーガー!

カレーやシチュー、パスタにチャーハン、
すべて具はお肉ではなく、野菜や果物が中心。
ナインオクロックガンのあるスタンレーパークから見た
バンクーバー市街の夜景。



↑ナインオクロックガンとは?




今回バンクーバーでお世話になった
ホテル・コーストプラザホテル&スイーツ。
長期滞在者向けでとても部屋が広く人気のホテル。


いざ、マザーシップカヤッキングの出発地、
バンクーバーからプロペラ機で2時間30分の、
ベラベラの町へ



インサイドパッセージはこんなふうに島が
たくさんある多島海。瀬戸内海にとても似ている。


ベラベラへようこそ!


ヨットに乗り込む前にベラベラのマーケットで
嗜好品の買い出し。おつまみ用にスモークオイスターと
オイルサーディンを手に入れ御満悦の内田さん。


ベラベラの港。アイランドローマー号が見える。


今回乗り込むアイランドローマー号。


クルーは4名。左から生物学者のロビン、船長のランディ、
副船長でカヤックガイドのゼンダー、クックのケイト。


操舵室


乗り込んで最初にミーティング。旅のルールと
今回のルート説明を受ける。


ヨットの中はこんな感じ。本棚にはインサイドパッセージに
関する書籍や写真集が揃っている。


すべて初日の食事。ケイトの作る料理はとても美味しい。
それだけでも旅が楽しくなる。


こんな感じで自分の名前が書いてあるカップが
複数用意されている。お客さん同士自己紹介にもなる。
 
内田正洋
 
日本のシーカヤック界第一人者であり、海洋ジャーナリスト。
これまでに台湾〜九州、さらに西表島〜東京湾をシーカヤックで遠征。
シーカヤックだけでなく、82年から10年に渡りパリ・ダカールラリーに
出場。
また、世界四大陸をクルマ、オートバイで横断経験も。

主な著書
「シーカヤッカーズ・ハンドブック 北西太平洋版―海を歩くための
マニュアル」
「シー・カヤッキング・イン・ジャパン」
「BAJA 1000 FOR JAPANESE DESERT RIDER」
「風を超えて―DESERT RIDE」
「実用バイクツーリング専科―すぐ役立つバイク旅行トラの巻」
「Tarzan特別編集 ホクレア号について語ろう」

 内田さんによる 『聖なる熊を探し求めた旅記』はこちら

   週末は「YAJIKITA on the road」!放送日時はコチラから


 動画はコチラから

  尚、この横断隊の模様は2006年4月12日発売 
  雑誌「Tarzan」463号でもご覧いただけます。
  http://tarzan.magazine.co.jp/


あなたもカナダの大自然の中、旅をしてみませんか?
各種情報はこちらで!
カナダ ブリティッシュ・コロンビア州観光局
  http://www.hellobc.jp/index.html

  カナダツアーシステム
  http://www.tabi-canada.co.jp/

  BLUEWATER ADVENTURES
  http://www.bluewateradventures.ca/

  エアカナダ
  http://www.aircanada.jp/