周辺地図はコチラ
 
 &&&

WRC ラリー・ジャパン2004を振り返る!!

 
     
 
来月30日から10月2日まで、世界ラリー選手権 第13戦「ラリー・ジャパン2005」が十勝地方にて開催さ れます。

「ラリー・ジャパン」と言えば―

およそ1年前の9月上旬、YAJIKITA一行は、北海道は十勝地方を訪れました。

その目的はただひとつ、ご存知の方もいる通り、9月3日から5日の日程で開催された、記念すべき日本初の世界ラリー選手権(WRC)、「ラリー・ジャパン2004」の取材のためです。
そこで今回は再び開催される「ラリー・ジャパン」をもっと楽しんでもらうために!昨年の「ラリー・ジャパン 2004」をちょっと振り返ってみたいと思います!

まずは―

「そもそも世界ラリー選手権(WRC)」って?という方もいらっしゃると思うので、始めにそこから…

WRCとはワールド・ラリー・チャンピオンシップの略です。

国際自動車連盟(FIA)が認定するレースで、とりわけヨーロッパではF1と並ぶ人気を博しています。世界各地を転戦しながらタイトルを競い合うのですが、砂利道、雪道などの公道を走るために、相当な技術の高さが求められる― 

それが世界ラリー選手権(WRC)といえるでしょう。

昨年、YAJIKITAが訪れたのが、記念すべき日本初開催となった「ラリー・ジャパン2004」。

競技の総走行距離は実に1675・55キロ。陸別、足寄、新得、幕別の4町の林道などに27カ所の競技区間(SS)が設けられました。

そして期間中の4日間に20万人を超える人々がこの地に集結。

全国唯一の町営オフロードサーキットを設けるなど、モータースポーツによる町おこしを行ってきた陸別町は、大会期間中、1日で人口の約8倍の人が町を訪れ、コンビニや飲食店などの各施設は大変なにぎわいをみせたそうです。

観戦ポイントはさまざまな場所に設けられていますが、個人的にオススメなのが、林道を走るラリーカーを間近で見れる所でしょうか。

砂煙が舞い、時には砂利や小石さえ飛んできますが、それもWRCの魅力。

WRCの最新情報や観戦方法などは下記のホームページなどに詳しく掲載されていますので、
チェックしてみてくださいね!

 ラリー・ジャパン支援歓迎実行委員会
 RALLY JAPAN


 

9月30日から10月2日まで開催される、世界ラリー選手権 第13戦「ラリー・ジャパン2005」。
昨年観戦した方も、そうでない方も、是非!注目してください!

 昨年の模様はコチラからもご覧頂けます!