周辺地図はコチラ
 
旅人 : FM福井アナウンサー 藤田佳代

福井の長寿の謎を探る旅

HOME福井1>福井2
     
 

先週に引き続き、こんにちは。FM福井 藤田佳代です。

「なぜか長寿」

これは福井県のポスターに載っているキャッチフレーズなんですが、
福井県は男女とも全国トップクラスの長寿県・・・・らしい。
そうなんだ、そうだったんだ。結果的にそういうことなら嬉しいけど・・・・でも、なぜ?
というのが、福井県民の本音。だから、「なぜか長寿」。

今回のYAJIKITA ON THE ROADでは、
その「なぜか長寿」を探る旅。福井の長寿の謎を探ります!!

■ 大野 御清水

人間の60%は水分です。
そんな、人間には必要不可欠な水が!長寿に関係あるんじゃないかと、ヤジキタスタッフ+私は考えたわけであります。

というわけで訪れたのは、大野・御清水。
御清水は、越前大野城が建つ亀山の東麓の湧水帯にある清水の一つで、かつて城主の飯米をとぐ(炊く)のに
用いられたことから、敬意を表して「御清水」あるいは「殿様清水」と呼ばれています。

昔、武家屋敷が並んでいたこの一帯では、この御清水を
生活用水として使っていたようです。

上流から順番に飲料水、果物などを冷やすところ、
野菜などの洗い場などとルールを決めて、
使っていたようです。
初冬の夕方にお邪魔したこともあり、
辺りは結構寒かった・・・

薄着してきたワタシが馬鹿だった・・・

御清水を飲んでみると、あら!ちょっとあったかい!!

市民の憩いの場としても、この御清水は、活躍したそうですよ!当時の情景が目に浮かぶ・・・
■ 越前そば道場でそば打ち体験!

ここは・・・・どこだ・・・・?なんだかすごく緊張してしまうような・・・・そんな門構え。
ですが、それを払拭するよな、フレンドリー且つ気さくで元気なおじいちゃん!
中山重成さんが経営する「越前そば道場」にやってきました!

長寿の秘密はここにもあるのでは?


越前おろしそばを堪能・・・いやいや探究するべく、
まずは、自分で作ってみよう!そば打ちに挑戦!

なにがすごいって、中山さんは御歳84!
84歳でこの動き!機敏です!颯爽です!
スピーディです!

私はもたもたするばかり・・・そばはスピーディに
捏ね上げる!のがコツだそう。

そして、殆ど中山さんが捏ね上げ、次は伸ばし。
これもやっぱり上手くいかない。
さすが熟練の技、中山さんが伸ばした部分は、
まっ平らで薄い!

それに比べ私が伸ばすと・・・がたがた。泣  

福井県民としては精進せねば!

次の工程は・・・・切る!

この包丁、すごく重いんです。
まずは片手で操るだけで一苦労。

まずはお手本を見せていただいたんですが、
これと同じようにできるかな・・・?

できませんでした・・・・

明らかに、太さが全く違う・・・

最後に茹でる作業。

大なべで、3〜4分茹でます。

もちろん、私が切った太いそばは先に茹でます。



そして、できあがり。早速試食。

「おいしいいいいぃぃぃ」

お蕎麦屋さんで食べるおろしそばもおいしいですけど、やっぱり、自分で作ると違いますね。

福井の「越前おろしそば」の歴史は400年以上と古く、
県民に広く親しまれている郷土料理です。

注目される点は3つ。

まずは石臼挽きの風味豊かな小粒の県産そば。
ミネラルやビタミン、食物繊維、タンパク質、ルチンなど、
現代人が不足しがちな栄養がバランスよく含まれています。

特にルチンは血行を促進する働きがあり、動脈硬化や
脳卒中に効果的と言われています。

次にビタミンCや消化を助けるジアスターゼを含む大根おろし。

そして3つめは、この2つの味を引き立てる、ダシとカツオ節、ネギの存在。
それらが一つとなり、奥深い味が生まれるということなんです。

ヘルシーで栄養豊富な越前おろしそば。
それらをよくたべる福井県民の長寿の秘密が、またひとつ、明らかに・・・

■ 越前陶芸村で陶芸体験!

福井は匠の技が光る産業が多く、鯖江市での眼鏡フレームの製造はシェア全国1位なんです!
これらの製造工程は、細かな作業が多いのです。

手先を動かすことは、福井の長寿と何か関係がある・・・んでしょうか?

手先を使う・・・陶芸!ということで、
越前陶芸村にやってきたヤジキタ一行。


越前陶芸村は、日本六古窯のひとつである
越前焼の拠点で、
その敷地内にある福井県陶芸館では、
歴史ある越前焼の体験ができるんです。

というわけで、福井県陶芸館の柳原先生に
教えてもらいながらの陶芸体験です!

1キロの粘土を自分の好きなように成形していきます。
できました!

この後は釜でやいて、およそ1ヵ月後に完成です。 楽しみ☆


何か一点に熱中・集中するというのは、
余計なことを考えなくなったりして、
ストレス解消にもつながるように思います。


一心不乱に集中して作ったんですが、
終わった後、達成感でいっぱいでした!!

「なぜか長寿」


この「なぜか」を探るため、水、越前おろしそば、陶芸村と、各地を回ってきたわけなんですが、
食生活の栄養バランスがすごく良いことや、おいしい水に恵まれていること、
山と海が近くにあって、自然がたくさんあること、
ゆったりとした時間が流れていること、
他にも長寿の理由になりうることをたくさん感じました。

これって・・・究極のスローライフ!

福井県って、素敵なところです。

ほら、あなたも、来て見たくなったでしょ?

演出:真壁健二/構成:吉武英樹
 
HOME福井1>福井2