周辺地図はコチラ
 
旅人 : 小川もこ FMとやまアナウンサー 久和恵実

深い海でつながる滑川の魅力

HOME富山1>富山2
     
 

前回に引き続き、今回の旅も、富山県滑川市を巡ります。


(^^;)… はいっ!例によって、地の文は久和ちゃん、チャチャ入れ役は私、小川もこで、今回の旅日記も展開していきます。
どうぞ お楽しみください〜〜


まずやってきたのが、標高300mの台地にある「東福寺野公園」です。
ん〜私たちの目の前に滑川の町並みと日本海が広がっていて、
いい眺めですね〜!

(^^;)… ♪緑の丘の紅い屋根〜♪とんがり帽子の時計台〜♪鐘が鳴りますキンコンンカ〜ン♪
で、さすがにメェメェ子ヤギは鳴いてはいなかったけれど、いやぁ心を洗われる、素晴らしい眺めでした。
滑川といえば海の町という認識でしたけど、天空空間の東福寺野公園は、眺望抜群のデートスポットね。
こんな高台から遠く能登半島や富山湾を一望しながら時を過ごすのもいいもんですぅ

もこさん!今回の旅は「日本海の深い底」がテーマです。
キーワードは「333」!
…これって、世界のナベアツの真似がしたいだけとかじゃないですよ!(笑)
(しかも、私の真似、全然似てなかったし。汗)
さぁ、もこさん、「333」の謎を解くべく、旅に出ましょう!!
私がおもてなししますので、大船に乗った気分で滑川を満喫してください♪

(^^;)… 似てないながらも「サ〜ンっ!!」と顔を歪めて発する久和ちゃんが、とってもキュートでした。
にしても、333かぁ… ???
東京タワーじゃないしなぁ。813なら怪盗ルパンなんだけど。
謎の解明に、名探偵シャーロオク・ホームズ気分で繰り出すのだぁ〜


(1) ほたるいかで、おもてなし♪

まずは滑川はほたるいかが名物ということで、まずはほたるいかについて
勉強しましょう、もこさん!

(^^;)… わぁ〜い、ホタルイカぁ〜〜♪食べる食べるぅ〜♪って、(ハタっ?!)食べるんじゃなくって、勉強なのぉ〜〜??
(夏休みの宿題を前にゲンナリな小学生的態度の小川。。。)


そこでやってきたのが「ほたるいかミュージアム」です。

こちらは、水族館とはちがって、生きた魚たちに触れて楽しむことができる
体験型ミュージアムとなっています。
案内役の「ほたるいかミュージアム」のミュージアムメイト・高橋さやかさんによると、



(^^;)… ミュージアムメイトって、キャンディーズを輩出したスクールメイツを思い出すなぁ。
実際、ぽんぽんを持って踊り出しそうな可愛い さやかさん。よろしく〜♪


ホタルイカは体長が10センチ弱で、水深200〜600mのところに生息しているそうですよ。
寿命は1年で、メスは春に産卵のために浮上してくるので、
私たちが頂いているホタルイカのほとんどがメスなんだそうです!
じゃあオスは?というと…深海で一生を過ごすそうです(驚)

(^^;)… まぁ、知らなんだ。オスは日陰の花なのねぇ。。。(不憫。)


ホタルイカのおいしい時期は、メスが浮上する産卵時期の3月から5月までだそうです。
その頃には「ほたるいかミュージアム」では、
実際にほたるいかの青白い光を見ることができる「発光ショー」を行うそうですよ。



(^^;)… これ、以前、観たことがあります。当館自慢のホタルイカの踊り子さんたち、
ハッスル、ハッスルで光を発するのだぁ〜… アハ。青白い光が実に幻想的です。
春先のみの限定ショーですので、ぜひ、この時期に訪れることをオススメしますです。


さて、まるで、ほたるいか博士のような高橋さんに「ほたるいかトリビア」聞いちゃいました!

『ほたるいかが生息する滑川周辺の海は「国指定・特別天然記念物」に指定されています。
ほたるいか、そのものではなく、ほたるいかがいる海が天然記念物になっている珍しい場所なんですよ』



(^^;)… なるほどぉ。ホタルイカ自体じゃない、ホタルイカの居る海域のほうが天然記念物なんですね。
綺麗な海、、として大切に守っていかないとね。


そうなんですね〜富山に住んでいるのに知らなかったです(汗)
『ほたるいかは心臓が3つあるんですよ』
3つも?!…どういう役割なんだろう…(謎)

(^^;)… えっとぉ、、、一つは体に栄養送るため、一つは恋をしたときトキメクため、
もう一つは毛を生やして自信満々に過ごすため、、おぉ、私はホタルイカだったのかあと なんだかシンパシー♪


あ、展示スペースをぐるっと巡った最後のところに大きな水槽がっ!!
ほたるいかと同じ深海にいる魚たちが展示されていて、誰でも触ることができますよ。
ザラビクニンという薄いピンク色の魚がかわいいですね♪
それにしても水温が低くて、触っていると指が冷たいです(涙)

(^^;)… 直接、触っちゃう「オサワリ水族館」って、淫靡な響きですが、これぞ子供達にとっては活きた勉強ですね。
お魚や蟹たちも なんだか人に慣れていて、呼べば寄ってくる勢いなのが可愛い♪来い、来い、来い、来い、池の鯉、、
じゃない水槽の魚たち〜


お!もこさん夢中になってカニを捕らえようとしてる!!
もしや…「食べたい♪」なんて思ってないですよね?(笑)

(^^;)… あれっ…?ばれちゃった?ポケットに入れるには大き過ぎてねぇ〜
あぁ、水槽に居る段階から「う、う、うまそう。」って見てしまう私を許して。。


何がともあれ、ほたるいかミュージアム、楽しんでもらえたようで何よりです♪


(^^;)… ハイっ!とってもお利口になったみたいです。(あくまで、つかのまの博士気分。
この知識が ずっと続けば素晴らしいのだが。)

(2) ほたるいかで、おもてなし♪(実食編)

魚たちをみると、ちょっと小腹が空いてきましたね〜(笑)

今度は、もこさんにほたるいかを召し上がっていただきましょう。



(^^;)… まぁ、嬉しい♪
でも、今まで めでていたものを 今度は食してしまうとは。シュールです。
目の中に入れても痛くないなどと言いますが、胃の中に入れたい愛情を感じてしまった、
ということで みなさま どうぞよしなに。。。


やってきたのは「ほたるいかミュージアム」2階にあります
パノラマレストラン「光彩」さんです。
お店に一歩足を踏み入れると、視界いっぱいに日本海が広がってナイスオーシャンビュー!!



(^^;)… きゃ〜♪日本海独り占め!真っ青な海と空。少し傾いた西日に波間がキラキラ輝いて、このレストラン、
カップルで来たら、超ラブラブ気分になること間違い無しだねぇ〜!
(そこに なぜ、このメンバーで。。。いけないいけない、お仕事、お仕事。)

そして、もこさん!テーブルいっぱいに、ずらっと「ほたるいか料理」 ご用意しました。
「ほたるいかの天丼、ほたるいかのペペロンチーノ、ほたるいかのピザ、
ほたるいかのてんぷら、ほたるいかのフライ仕立て」等など、ほたるいか尽くしですよ!



(^^;)… うっほっほぉ〜い♪お仕事モードじゃないぃぃ♪嬉しさ満開です。


が、しか〜し!
さっき「ほたるいかミュージアム」で、ほたるいかについて学んだ成果をここで発揮していただきましょう、もこさん!

それでは、もこさんにクイズを3つ出します。
全問正解しないと、この「ほたるいか料理」食べられませんからね〜。



(^^;)… ぬ、ぬぁにぃぃぃぃ????


それでは第一問。
久和:『外出するときに履くのは靴。では、ほたるいかが吐くのは、何?』

もこさん:『、、、す、墨!』

  ピンポ〜ン♪正解♪

第二問。
久和:『たこの足は8本、ではイカの足は何本?』

もこさん:『知ってる〜♪ 10本!』

  ピンポ〜ン♪正解♪
第三問。
久和:『明治38年に東京大学教授の渡瀬庄三郎博士によって命名された
     ほたるいかの学名は何?』

もこさん:『えっ?えぇっっ???たしか、、ワタセニア… 渡瀬恒彦、、、  』 

  ブッブ〜。もこさん残念っ!そして惜しいっ!

久和:『正解はワタセニア・シンティランスでした〜』



(^^;)… あぁ、、、、さっき、ほたるいかミュージアムの展示で「やったら難しい学名やなぁ、、、」と
感心して眺めたばっかりだったが、まさかここが試験に出るとは、、フクロウ博士も教えてくれなかったじょー、、(涙)


それでは、もこさん全問正解とはならなかったので、
えへへ♪私がほたるいか料理、全部いただきま〜す♪



(^^;)… そ、そんなぁ殺生なぁ。。。。(ゴクっっ 生唾 呑み込む音)


…でも、先輩のもこさんを前にパクパク食べているのは忍びないので、
もこさん、「ほたるいかの沖漬け」召し上がります?
日本酒と合いますよ〜♪
(って…これじゃ、おもてなしになってないですね。汗)



(^^;)… 日本酒レスで沖漬けは 淋しいでしゅ。。
あぁ、ホタルイカピザが、天ぷらが パスタが 酢みそ和えが フライがぁ〜〜〜(しっかし、久和ちゃんったら、
美味しそうに食べるんだわ。ちょっとはわけてよぉ〜えぇ?ダメぇ??意地悪ぅ〜〜 (T_T) えぇ〜〜ん。。。。)





(3) 333で、おもてなし♪

もこさん機嫌直してください(汗)



(-_-;)… ふん。。。すねすねすねすね、、、スネもこで イジイジ。。。


次に来たのは滑川の海洋深層水を汲み上げて、ろ過し、
それを一般の方にも販売している施設「アクアポケット」ですよ〜。

(^^;)… み、水ですか?


蛇口が4つありますね〜。
何なに〜?
全塩濃度5%の「濃縮水」
塩分を抜いた「脱塩水」は飲料水やコーヒー・お茶に。 
全塩濃度15%の「高濃縮水」は塩作りに。
水深333mから汲み上げた全塩濃度3%の原水は、お料理や浴槽にいれて入浴剤としても人気なんですって!

(^^;)… へぇ〜っっっ!!びっくりくりぃ〜
海水を 真水と より濃い塩水に分けるって すごい発想と技術だねぇ。


お!ついにキーワードの「333」が登場!
アクアポケットの升方章人さんに解説していただいたところ、
水深333mの深い海の水を海洋深層水といって、細菌がいなくてきれいで、
ミネラルが多く栄養分が高いのが特徴なんだそうです。

(^^;)… なぁるほど。水深は333m だったのか。海面の表面付近の海水とは
全然違う良さがあるんですねぇ。


ということは、海洋深層水っておいしいお水だから飲めばきっとすぐわかりますよね?
それでは、「違いのわかる女=小川もこさん」に利き水をしてもらいましょう!



(^^;)… 利き酒は得意なんだけど、水。判るかなぁ。。。普段は違いが判らない女、、で有名なんですけど私。
どうしよう、、ドキドキ


もこさん、ここに3種類の水を用意しました。
普通の水道水、市販のミネラルウオーター、そして海洋深層水です。
どれが海洋深層水かを当ててくださいね!

1.の水

(^^;)…うむ。普通に美味しい。
なんだか いつも飲んでる味だなぁとは思うけど。。。
2.の水

(^^;)…おっっ?!さっきの美味しかった水より、もっと「丸い」というか、
「まろい」というか、、、柔らかい感じがする。これかぁ〜???
3.の水

(^^;)…あ。。。美味しいんだけど、ちょっとひっかかる感じがする。
いや、東京の水なんかに比べたら、充分に美味しいんだけど、前の二つに比べると、
ちょっとツンツンしてるというか…なんか違うなぁ。。。

小川:よぉ〜し。イチかバチかだ。

1. が市販のミネラルウォーター、2.が海洋深層水、3.が水道水。
ってことで どうだぁ〜???

久和:もこさん、ファイナルアンサー?

小川:。。。。(-_-) 。。。(^o^)/ ファイナルアンサー!!

正解を発表します!
…もこさん、見事全問正解です〜!!!
さすが、もこさん、特徴もズバリ言い当てましたね〜すごい!

(^^;)… へっへっへ。いつも日本酒で鍛えてる成果が発揮できて嬉しい♪
っていうか、私でもわかるぐらい、違いが顕著だという噂も。。。
なるほど、遠くからも買い求めに来るかたが多いのも 頷けるね。

(4) 海洋深層水で、おもてなし♪

さぁ今度はさきほどのキーワード水深333mから取水した海洋深層水で
癒されてください、もこさん♪

旅のラストを飾るのは海洋深層水・体験施設「タラソピア」です!



(^^;)… タラッタラッタラッタ タラちゃんのダンス〜♪で、タラってなぁに?


ギリシャ語の「タラサ=海」とフランス語の「テラピー=療法」に由来する
タラソテラピーは海水・海藻・海泥などを組み合わせて行う自然療法です。



(^^;)… むふ。癒しの空間ってことは、、?!小川の大好きな世界なのだぁ


さっそく水着に着替えた私たち。
もこさんのビキニ可愛いですね〜♪

(^^;)… 実はね。この取材のために新調したのよぉ。
それなのにぃ、動画担当が今回、取材同行していないって どゆことぉ???!


大きなプールにジャグジーがっ!
みなさん、海洋深層水をふんだんにつかったダイナミックゾーンで、
歩行浴や各種ジャクジーなど思い思いに楽しんでいらっしゃいますね〜。
窓から見える海の景色もいいですね〜!



(^^;)… ほどよくあったかいので、気持ちイイ〜 塩水だからプカ〜っと浮く感じが心地よい〜 
ジャグジーのジェット水流がマッサージ効果絶大ですんばらしい〜〜〜 見える眺めが これまたグッッグッッグッッグゥ〜♪


さあ、ゆっくり体をほぐしたところで、次はリラックスした状態で
美容とシェイプアップを体の内側と外側の両方から促進していくヒーリングゾーンに移動しましょう。

こちらでは、新メニュー「こんぶパック」が体験できます!



(^^;)… こ、昆布でパック???


富山県は昆布の消費量が全国一とも言われているくらいに馴染み深い食べ物なんですが、
その昆布を粉末にしたものと海洋深層水を混ぜ合わせてペースト状にしたものを全身に塗るのが
「こんぶパック」なんです。



(^^;)… 昆布締めは美味しくて大好きですけど、私自身が昆布〆にされちゃうのぉ??

タラソピアの高野江利子さんによると、
こんぶボディパックは保湿・発汗作用の他に、抗炎症作用があるため、
ニキビのできやすい方にもオススメなんだそうですよ。
また、こんぶパックフェイスは、美白・保湿性に優れ、痛んだ肌を正常にする働きが期待できるそうです。
ボディパックはブレンド用天然ハーブとして、
ラベンダー・ローズマリー・シソや緑茶などを配合した和漢の3種類から選べます。

もこさんはローズマリー、私は和漢をセレクト。
全身とフェイスに、こんぶペーストを塗ってもらっていると…ん〜気持ちいですね〜♪
私は和漢なので、こんぶとシソやドクダミなどの香りが加わって美味しそうな香りが
漂ってます。全身に塗ったあとに保温シートに包まれ約30分。
さらに、こんぶフェイスパックを約30分。
体のこんぶペーストを洗い流すとっ!
触り心地がツルツルスベスベ〜♪
そして内側からもっちりしたような感じがします♪

もこさん、どうですか?



(^^;)… スッポンポンで まな板の鯉状態になるのが とっても こっ恥ずかしかったんだけど、
この にゅるにゅるな中に浮かんでいるような気持ち良さったら 
もう、、、♪ぽーにょぽにょぽにょ おがわもこぉ〜♪と唄いながら、Zzzz… 溶けてしまった小川でした。


最後は霧状の深層水がいっぱいに広がった部屋「エアロゾール」でリラックス。
気管支や肌から深層水の有効成分を吸収すれば、お肌もよりしっとりします。
何だか深海にいるかのような、ゆったりのんびりした時間が流れていきます。



(^^;)… 暗闇の中、ブラックライトの柔らかでほのかな灯り。
潮騒が遠く近く聞こえてきて、南国の無人島のビーチに ひとり寝っ転がっている気分なの。素敵な空間だわぁ。

タラソピアは水着を着用するので、老若男女問わず楽しむことができます。
(施設の利用は16歳以上から可能です)
7月5日から9月29日までは「2008サマーキャンペーン」ということで、
私たちが体験した、こんぶパックが期間限定割引価格で受けられますよ!


(^^;)… まごうことなく。極楽空間です。イイところです。また、何度でも毎日でも行って癒されたいです。




さて、今回は滑川の海の底「333m」をキーワードに旅しました。
海の恵みを全身で吸収できてリフレッシュできました♪

今回は「もこさんをおもてなしする旅」ということでしたが、
すっかり私も楽しんでしまって…す、すみません(汗)
最後に、もこさん!今回の「おもてなしの旅」点数をつけるなら何点でしょうか?


(^^;)… 感激でした。こんな素敵な おもてなし。裏はあっても おもてなし。。。
いや、最高でした。

点数は、、、333点〜〜〜!!!

やんや やんやぁ〜!
いや実際、こんなに終始 もてなしを受けている気分で進んだ取材は ヤジキタ史上 初めてだったかも。

それにしても、「モテナイ」と「もてなし」は似て全然非なるなるもんですな。

異性にモテナイ… のはさんざんですが、もてなされるのは ほんっっとにイイもんです。

さぁ あなたも。世界のナベアツ以上の至福の時
心に 頭 に舌に 体に 333のおもてなし。 
富山県は滑川に どうぞ お越し下され。

以上、富山県内のヤジキタは この二人にお任せあれ〜な女二人、
久和恵美アナウンサーと 小川もこが お届けしました〜
動画も 観てね〜♪

HOME富山1>富山2