周辺地図はコチラ
 
旅人 : 井門宗之

山手線命名100周年 東京一周ぶらり旅 
浜松町〜田町編

〜『久々のロケに行ったら、都内でした!』の巻A〜
     
 

東京の空の玄関は羽田空港。
そして、陸の玄関はそう…浜松町…。
あっ、コレは僕が地方出身者だから思う事ですよ!
大学生の頃、北海道から帰ってきて羽田空港から【まず乗る乗り物】と言えば、モノレールでした。
田舎の景色に慣れた僕には、やけに都会的な乗り物に見えて、
それに揺られながら眺める東京の風景は【都会】を連想させる物でもあり、
それと同時に【寂しさ】を連想させる物でもありました。徐々にネオンが大きくなっていって、
ゆっくりと都会の空気感が身体に纏わりつく頃には終点:浜松町に到着。
東京の雑音が、寂しさを紛らわせてくれたっけ。

と、毎度の事ながら突然の様に始まった井門宗之の旅日記。
全国に、このダラダラと長い井門の旅日記をちゃんと読んでくれているリスナーさんは、
一体どの位いらっしゃるんでしょうか??
『読んでるよ!』と言う稀有な方は是非わたくしのBlog【雨が降ったら濡れりゃいい】までご一報を(笑)

さて、今回のYAJIKITAはぶらり旅の第2弾!!
前回の終着:浜松町駅前が今回の出発なのでございます。オセンチになっている暇は無いのです!
浜松町は浜松出身の名主がいたから、浜松町とその名がつきました。
結構安易な気もしますが、そこは江戸時代のお話。
今じゃ大都会の浜松町も、その昔は目の前に江戸湾、周りには何も無い、ただの広い土地だったわけです。
目の前が海ってのは今の時代も変わっていないのですがそれを象徴するかの様に、
こちらJR浜松町駅の住所が『海岸1丁目』ってんですから、
「名前に残る」と書いて「名残」とはよく言ったものです。

今回のYAJIKITA ON THE ROADの旅も前回同様、男4人の気ままな旅!
D:横山氏、構成作家:久保氏、カメラマン:慶吾氏、そして旅人:井門!
この4人がカメラや録音機材を回しながら、皆で色んな事をあーだこーだ言いながらのぶらり旅です。
この旅の形式も第二弾ともなると、少しは慣れてきてまとまりも出てくるかな? と思ったら、
ホラ、皆こういう業界の人達でしょ? 基本は出たがり気質なんです、みんなして。
だから結果からお伝えしますけど、『まとまり』ってよりも『主張』が出始めて面白かった(笑)
相変わらず慶吾氏は「腹減った〜!」とゴネるし、久保氏や横山氏のうんちくには唸る物があったし。
その辺りは本編でも楽しんでくれた方が多かったのではないでしょうか?

では今回も命名100周年を迎えた山手線を、ひと駅ずつ『ぶらり』しながら、
この大都会東京の新たな魅力を再発見していきましょう!!

…と、我々YAJIKITA一行はこうして勇んで浜松町を出発したわけでございます。
もはや徒歩での旅を大いに楽しんでいる節のある僕なんかは、
「よ〜しっ、まず歩きながら今回の意気込みなんかを語ろうか!」と鼻息も荒くしていたました。

その矢先。

久保「はい、着きましたよ〜。」

近っ!!

なんですか、こんな駅の近くにまさか取材出来る場所なんてないでしょう?
だって『ぶらりの旅』って言ってるのに、まだ歩いて100mも行って無いですよ?
これぢゃあ、『ぶらりの旅』って言うより『ぶの旅』ですよ、『ぶ』。
ホラホラ近過ぎて、さっきOPのコメント収録した場所、ここから丸見えじゃないの…。

久保「はい、ここが都内に残る歴史ある庭園、【旧芝離宮恩賜庭園】です。」

無視っ!!

(完全に進行役を乗っ取ろうとしてるぜ、久保氏。
これでショボショボのロケ地だったら、後で仕返ししてやるんだ。)*井門妄想中
などと器の小っちゃな事を考えていたら、
この庭園は僕の考えなど遥かに及ばない規模で、僕らを出迎えてくれました。


『旧芝離宮恩賜庭園』

こちらの庭園の説明をHPから引用すると次の通りだ。
『小石川後楽園と共に、今も東京に残る江戸初期の大名庭園の一つです。回遊式泉水庭園の特徴をよくあらわした庭園で、池を中心とした庭園の区画や石の配置は非常に優れています。明暦(1655〜1658年)の頃に海面を埋めたてた土地を、延宝6年(1678年)に老中・大久保忠朝が4代将軍家綱から拝領しました。忠朝は屋敷を建てるにあたり、藩地の小田原から庭師を呼び庭園を造ったと言われています。庭園は「楽壽園」と呼ばれていました。庭園は幾人かの所有者を経たのち、幕末期は紀州徳川家の芝御屋敷となりました。離宮は大正12年の関東大震災の際に建物や樹木に大変な被害を受けました。翌年の大正13年1月には、皇太子(昭和天皇)のご成婚記念として東京都に下賜され、園地の復旧と整備を施し、同年4月に一般公開しました。昭和54年6月には文化財保護法による国の『名勝』に指定されました。』

凄い歴史を持った庭園が、こんな都会のど真ん中にある不思議。
生垣を隔てたところから、すぐに電車の発車メロディが流れてるんですよ!?
だけど中には1929本もの高木が茂っていて、広い池には数えきれない位の鯉が泳いでいるんです。
こちらでお話しを伺ったのは、ボランティアガイドの川鍋義夫さん。
ご自身で編集点が作れるほど、インタビュー慣れしてらっしゃるお話し上手な方。
実はかつてラジオ業界にいらっしゃり、僕とも面識のある方だったのです(現場でお会いして判明)。

四季折々の豊かな表情を見せてくれるこの庭園。
一歩庭園に足を踏み入れたら、きっと誰もがそれを感じるだろう。なんせ…広い。
「野球が出来るほどの広さ」という言葉があるけど、ここはその言葉が日本一ぴったりなんじゃないか。
川鍋さん、ここの庭園の広さは大体どのくらいなんですか?


川「はい、大体東京ドーム一個分です。」


うん、そりゃラミちゃんもホームラン打つね。
でもビジネス街のど真ん中浜松町に、いわゆる緑の東京ドームがあるわけですから。
この辺で働く人たちが、少し羨ましいなぁ…。
と思ったら、この日もどうやら愛妻弁当をつつくサラリーマンの姿がありました。
川鍋さんが言うには、平日はここでランチを食べる方が沢山いらっしゃるとか。
大きな池や立派な松の木なんかを眺めながら、ゆったりとご飯を戴けば、
束の間の「お殿様気分」を味わえるかもしれません。

そう、江戸時代のお殿様と言えば、武芸を嗜む事は当たり前。
大名屋敷には敷地内に弓道場や馬場なんかもあったと言います。
きっとその名残なんでしょうね、実はこの旧芝離宮庭園も庭園内に弓道場を持っています。
取材した日もお客さんが【バシッ、バシッ】と的に良い音を立てていました。
江戸時代の風情に響く、弓の音。
旧芝離宮庭園、開園時間は午前9:00-午後5:00(入園は午後4:30迄)、入園料は¥150です。



川鍋さんと一緒に!

さて、我々YAJIKITA一行は続いて海側へとぶらりを進めていきます。
世界貿易センタービルディングを背にしてずんずん歩いていくと、まもなく見えてくるのが、
『竹芝桟橋・竹芝客船ターミナル』。
ここは広場に大きなマストが立っている、伊豆・小笠原諸島などへ向かう海の玄関口。
ここに来ると井門、ちょっとキュンキュンします(笑)
なぜならここは、井門宗之初のYAJIKITAの旅の出発地点。
ここから船に乗り三宅島へと向かったのが、今からおよそ5年前。
*あっ、当時の旅日記は恥ずかしいので絶対に読まないで下さい(苦笑)映像記録などもってのほか。
あの時は集合時間も夜、しかも初の取材旅行という事も手伝って、
この場所がやけに重苦しく感じられたのだが、32歳の井門…今はお気楽なものである。
目の前の東京湾には、この日も客船が停泊し、桟橋のウッドデッキは太陽の光でキラキラ輝いている。
ここは海沿いにテラスがあって、沢山の人達がお散歩したり、食事をとったりしています。
我々もそんな風景を横目に、当時の井門の恥ずかしい話に華を咲かせながら、ずずいと南へ。



竹芝桟橋で加山雄三さん気取り!

『日の出桟橋・日の出客船ターミナル』
竹芝桟橋の隣に現れたのは日の出桟橋。
ここはひょっとしたら、東京観光に来た方はご存知かもしれませんね。
お台場・浅草・豊洲などを水上バスで結ぶ観光遊覧客船ターミナルがある場所が、こちらなわけです。
この日も外の駐車場には【はとバス】がずらりと並び、社会科見学の子供達も沢山いました。
実は僕も水上バスが好きで、よく浅草に遊びに行った時は浅草から乗るんです。
浅草からだとここまで、船でおよそ40分の旅。しかも休日だと30分に1本航行しています!
隅田川に架かる橋をくぐりながら、江戸に想いを馳せる。吾妻橋、駒形橋、厩橋、蔵前橋etc.
すると最後の勝鬨橋をくぐり抜けたあたりで、グっと景色が近未来に拓けるんです。
目の前に広がるのはお台場。江戸から21世紀に急激にタイムスリップするスピード感、たまりません。



林さんと一緒に!

こちらの客船ターミナルはデザインもモダンで、カフェも併設しています。
今でこそ東京クルーズには6つのラインがあり、色とりどりの船も走っていますが、
それもレインボーブリッジやお台場が整備されてから。昔はまるっきり違う風景が広がっていたそうです。
お話は東京都観光汽船の林滋(はやし・しげる)さん。
ここで働き始めた25年前当時は、目の前に何も無くって水上バスのコースも2つだけだったと話す林さん。
この25年で急速に変わった東京を、林さんはリアルに感じていたんでしょうね。
今この瞬間も東京湾は何かしらの工事をしていて、積み木の様にビルが建っていく。
これだけ巨大な物をいとも簡単に作り上げてしまうなんて、凄い。
そしてその凄さを我々は次の取材ポイントで実感する事になるのです。



日の出客船ターミナル近くにあるゆりかもめ「日の出駅」。
バランス悪っ!


TOKYO! …って感じの案内板だぁ!


とってもデカイ日の出水門!


日の出水門とゆりかもめ


首都高、どうなっちゃってんの!? ヘビ?


下から一般道、一般道、ゆりかもめ、首都高! 
まさにミルフィーユ!

『レインボーブリッジ』
日の出桟橋を後にし、倉庫街を進む事しばし。この間も目まぐるしく変わる東京に驚かされたわけですが、
首都高・一般道・新交通ゆりかもめを横目に見ていたら、
その3つの線がある1つの大きな物に吸い込まれていくではありませんか。
そう、これこそ今年で竣工から16年目、東京のランドマーク『レインボーブリッジ』なのです。
凄い橋ですよ、皆さん。今回は橋脚の真下に来る事が出来たんですけど、その迫力に思わず叫んだもの。
なんてったってデカい…。橋の海面からの高さ、何と53メートル。主塔の高さ、126メートルですよ。
しかもこの巨大なレインボーさん、吊り橋ってんですから…。
お話を伺ったのは笑顔も素敵な東京都港湾局・広報の鈴木浩二さん。
『吊り橋って…!?』と大騒ぎしているYAJIKITA一行に苦笑いをされながら、
このレインボーさんにまつわるお話を丁寧に教えてくださいました。



鈴木さんと一緒に!

吊り橋構造なので、太い鋼鉄のワイヤーで支えているレインボーさん。
そのワイヤーの太さは直径80センチにもなるとか。
なので3.14かけて、ウエスト約250センチの人がこれを支えてると…イメージし辛いね(苦笑)
そして、このレインボーさんを今回のYAJIKITAでは渡ろうと言うのです、徒歩で!
きましたね、徒歩で長い距離と言えばもうJFNでは井門をおいて他に無いのです。
あっ、長い距離と言いましたがレインボーさんの遊歩道(あるんだね遊歩道)、
その距離なんと1.7kmもある…。
多少の不安を感じながらも、北と南、2種類の遊歩道のうち我々は北側の遊歩道へ。

この二つの遊歩道、それぞれ見える景色が違うので楽しみ方も様々だ。
車やゆりかもめでは見逃しがちな風景を、ゆっくりと「歩き」というスピードで楽しむ。
北側はここまでYAJIKITA一行が歩いてきた、浜松町〜芝浦、遠くは東京タワーなんかも見渡せる。
都市としての東京を眺めながら歩くのであれば、北側ルート。
南側は東京港から海へと広がる景色をダイナミックに楽しむ事が出来る。
そして徐々に近づくお台場の風景に、東京の今をダイレクトに感じる事が出来るだろう。
あっ、もし遊歩道を体験したい方がいらっしゃったら、途中にお手洗いも無いですし、
何せ風が強く寒いので、温かい飲み物を多少補給してから出発する事をおすすめします!



これが今の豊洲ふ頭


20世紀の豊洲ふ頭の写真。今と昔が逆転しているよう…。


レインボーブリッジの下を渡る、
日の出桟橋発の水上バス「ヒミコ」

1.7kmの距離を、大騒ぎしながら何とか渡りきった高所恐怖症の井門と横山D(笑)
でも苦労の後に広がったお台場の夕焼けは、まさに絶景だったわけです。

お台場は新しく開発された街。
意外と地方の方には知られていないけど高層マンションが多く、沢山の人が暮らしています。
YAJIKITA一行が夕暮れを背負った高層ビル群をお台場から眺めていた時も、
子供やペットを連れた家族連れが明るい声で笑いながら、海浜公園をお散歩してました。
海と夕暮れと高層ビルと。目の前に広がる美しいグラデーションは、
井門の好きな東京の景色ランキングを塗り替えるほどでした。
ちなみにこのレインボーさん、いつでも渡れるわけではありませんよぉ、奥さん!
11月〜3月の間は午前10時から午後5時30分までにゲートをくぐらないと渡れません。
お気をつけくださいね!

はっ…、そういえば今回の旅は山手線命名100周年。
お台場は山手線でもなければ、もはやJRでもありません。新交通ゆりかもめ…。
海が見える公園でほのぼの夕暮れを見ている場合ぢゃなかった!!
って言うか久保さん、YAJIKITA班をどこまで連れてくるのよ〜!!
我々は山手線の駅をぶらりしなくちゃならないわけですよぉ〜。
もうかれこれ僕らは5キロ位歩いてるんぢゃないかしらん?
いま【夕暮れ】と書きましたけど、そう、もうそろそろ【夜】になろうとしているのです(苦笑)

旅はしっかり山手線ルートへと戻り、我々はゆりかもめの【芝浦ふ頭駅】へ。
*あっ、帰りはゆりかもめ乗っちゃいました…(笑)
芝浦のあたりは工場の倉庫が建ち並ぶ、どちらかと言うと人気のない場所。
ところがここ数年の間に、『芝浦アイランド』という島に人が集まっていると言います。
駅前の閑散とした雰囲気からは全く想像もつかないんですが、どうやら本当らしい。
そう思うと、確かに通りに面した工場にはいくつものセメントの袋が積まれてあったり、
まさに現在進行形で建設中の何かがあったり…。
未だに東京の港湾地区ってのは、何かを作り続けているんです。新しい東京を。

ゆりかもめでレインボーブリッジを渡る


芝浦アイランド

『芝浦アイランド』とは、もともとは下水処理場があった場所だそうです。
ここを更地にして何もなかった島に、なんと4つの超高層マンションを建てたり、
病院ばかりを集めた場所を作ったり、桟橋からランチクルーズの船が出ていたり、
驚くなかれ現在この島にはおよそ1万人の人が生活しているんです。
そうですね、イメージはNYの様な島でしょうか。
突然芝浦に現れた新しい表情に、我々はただただ驚くばかり。
ただし、東京という限られたスペースで人が密集する街では、
こういった形が21世紀型となって徐々に定着していくのかもしれませんね。

夕暮れから夜へのグラデーションに街が染まる頃、
どこかから聞こえてきた『夕焼け小焼け』のメロディ。
この風情も、間違いなく、東京なんだよなぁ。

山手線命名100周年のぶらり旅。

今回は本当に、ぶらりし過ぎましたね(笑)
でも物凄く楽しかった。東京の顔をじーっと見る事が出来た。
東京と言う街は、僕らの想像通り、あり得ない速度でその表情を変えています。
そのあり得ない速度を体感するには、一番ゆっくりと移動出来る『徒歩』ってのが良いのかもしれない。
しっかりと、ゆっくりと歩くからこそ、東京の異常な速度が分かるのかもしれない。

浜松町〜田町の間を歩いて回ったYAJIKITA ON THE ROAD。
本当はね、山手線に沿っていけばわずか1.5キロしかないんですよ(苦笑)
ところが今回はお台場とか行っちゃいましたので、合計でその距離およそ7キロ…。
うん、不健康な僕らがちょっとだけ、健康になった様な気がしました。

ようやくゴールの田町駅!

次回のぶらりは一体どんな旅になるのか?
でもどんな場所だってきっと、僕らに新しい東京の表情を見せてくれるのは、間違い無さそうです。



今回のオフショットは…、
旧芝離宮恩賜庭園で見付けた10月から3月にかけて咲く「十月桜」。
それにしてもBlogのタイトルは「雨が降ったら濡れりゃいい」なのに、 自分は傘さすんだぁ〜。

※(注)使用している写真は、ロケ当日に撮影したものだけではなく、
事前のロケ下見時のものや、追加収録ロケ時のものも含まれます。