周辺地図はコチラ
 
旅人 : 井門宗之

山手線命名100周年 東京一周ぶらり旅 
田町〜品川編

〜『久々のロケに行ったら、都内でした!』の巻B〜
     
 

『田町』って東京以外にお住まいの方にとっては、どの位の認知度なんだろう?
山手線でも井門の中では割とマイナーな駅名なのが、この『田町』なのだ。
いや正直に告白しますと、東京で暮らし始めた10年前から、
この街にはあまり足を踏み入れた事はないのです。
えっ? 慶応大学の三田校舎があるぢゃない、って?…あっ、そうか…。
お洒落大学、慶応の校舎があるから何となく僕の足が向かなかったのか…(負け惜しみか)
でも確かラーメン好きの中にコアなファンを持つ『二郎』の本店があるのも三田。
(神保町の二郎には若い頃、お世話になりました。)
僕が学生時代に組んでたBANDのドラムは慶応…。
何となくぼんやりとした印象を持つ街が田町なのですが(田町に失礼ですね、井門)、
今回のYAJIKITAぶらり旅はここからスタートなのです!!

ここ田町は今はビジネス街としての顔を見せてくれるのだが、古くは薩摩藩の藩邸が構えられたり、
ちょいと歩けば赤穂浪士が眠る事でも有名な泉岳寺があったり、日本史の中にあって、
様々な転換を経験してきた土地とも言えるわけです。ちなみに田町とは「芝・芝浦・三田」のエリア。
芝浦って言うともうアレですね、【ジュリアナ東京】。ジュリアナが全盛期だった90年代、
ここ田町駅では、始発を待つ露出度の高い服を着たお姉さん達の姿を毎日の様に見られたそうな。
今とは違い、日本全体がなんとなく浮足立っていた時代。田町はそんな時代も見ているわけだ。
ぢゃあ今、そんなバブルの産物が残されているか? というと…何も残っていないんですね。
まさにバブルは泡だった、何も残さず消えてった、と。
ところがやはり日本人が「この国を良くしよう!」「この国の為に自分は何が出来るのだろう?」
と今よりも真剣に考えていた倒幕期から明治時代の物は、しっかりと残されている。この皮肉。

田町駅の三田口からスタートし、目の前の第一京浜を品川方面へ歩くのが今回の旅の趣旨。
集合時間も山手線のラッシュにどんかぶりのYAJIKITA ON THE ROAD。
普段なかなか乗る事の無いラッシュ時の電車に胸をときめかせていたスタッフも、
まぁ…少なからずいたわけなんですが…そんな時に限って山手線が遅れ…。
慣れない事をする時ってのはこういう事が起こるものなんですね…。
ただでさえ混雑する山手線が、もう目も当てられない状況と言うわけなのです。
朝も8時台、快晴の東京。しかし田町駅前に集合した我々には、もう疲労の色が(笑)
今回もおっさん4人のYAJIKITAは、平均年齢30代後半!!
1日中歩きでの取材に若干の不安は拭い去れない筈なんですが、…ん??
おいおいスタッフよ、何故僕に万歩計を渡す(苦笑)?
ははは、なる程そういう事か。


はい、今日も物凄く歩く事確定…。


「山手線命名100周年 東京一周ぶらり旅」も、この田町〜品川編で3回目。
チームYAJIKITAもそろそろこなれた頃です(あっ、でも期待しないでね)。
このぶらり旅の面白い所は、スタッフがどんどん喋りに参加しながら収録を進めていく点でしょうか。
最近はそういう形態のTVも本当に増えましたね。でもそもそもラジオの面白さって、
閉じられた世界(スタジオ内とか、少数で行く取材とか)の中でスタッフの笑い声が入ったりする事や、
出演者からスタッフへ突っ込みが入ったりする事だとも思うんです。
なので、この形態での収録は「そもそものラジオが持っていた性質」に素直に従った形ぢゃないかと。
内輪トークではなく、しっかりとロケハンをしたスタッフとのトークも今回の目玉。
ぢゃあ、者どもいくぞ〜!!第一京浜をしっかりと品川方面に進むのだぁ〜!!


横山「あっ井門君、そこ右に曲がって浜松町方面ね。」

はいよ〜。いやぁ、世の中不況でなかなか深夜料金の時間にタクシー使ってくれる人も少なくなってね。
お客さん、お仕事何関係の人? あっ、マスコミ関係? そう、ラジオなの。僕もね、よく聴くんだよ。
好きな番組はね、あれ、大沢悠里さんの…なんつったっけ? あ、オタクらFMの人なんだ。ごめんね、
この車FMの放送入んないんだよ〜。いやぁ、参った参った…。


って、参ってる場合かっ!?


そりゃあ、井門が苦手とする乗ノリ突っ込みもしたくなりますよ。
旅の始まりからいきなりだもの、いきなり逆方面だもの…。人間だもの。
ここは素直に品川に行くと思ったんですが、まさに波乱の幕開け。一体井門をどこに連れ出そうと?

冒頭にも書きましたが、この田町という場所はその昔『薩摩藩邸』があった土地。
そしてその薩摩藩は、江戸から明治へと時代が変わる中で様々な偉人を輩出してきた所。
この田町にあった薩摩藩邸にも時代を作った名場面が数多く残されています。

皆さんは江戸城の無血開城という言葉はご存知でしょうか?
歴史の教科書に載っているこの言葉、一度は耳にした事のある方も多いと思います。


時は幕末。
新政府軍と幕府軍はまさに一触即発の時期。
江戸を目指し攻めてきた新政府東征軍を率いるのは薩摩の豪傑・西郷隆盛。
迎え撃つのは陸軍総裁である天才・勝海舟。
このまま両軍が戦えば、江戸100万人の人々は無事ではいられない事は必至。
恐らくその戦火は江戸だけに留まるものでは無くなるかもしれない。
徳川の歴史250年の決断を迫られたのは、最後の将軍となる徳川慶喜。
『自分は殺されても良い。しかし江戸の民を危険に晒すわけにはいかない。』
かくして陸軍総裁・勝海舟の命を受けた山岡鉄舟は単身で東征軍本陣の駿府城へと乗り込み、
西郷隆盛に武力ではなく交渉の場を設ける事を伝えます。
…民の悲しむ姿は見たくない、江戸を戦火から守りたいのは日本人として同じ…。
西郷はこれを受け勝海舟との話し合いに臨み、ここに江戸城の無血開城が成し得たわけです。

そしてその会見が行われたのが、ここ田町にあった薩摩藩邸であったと。
今日も笑顔の放送作家・久保氏に連れていかれたのは、その跡地だったんです。
田町駅を浜松町方面に進む事およそ100m。
現在は自動車のショールームがある場所に、それはひっそりとありました。

【江戸開城 西郷南州 勝海舟 会見之地】

間違いなく時代の転換期となった場所は、今は申し訳なさそうな石碑に止まるのみでしたが、
この会見がなければその後の時代は変わっていたわけです。明治5年に鉄道が開通していなかったり、
ひょっとすると今の東京の形に何かしらの影響を残していたかもしれません。
でも昭和的近代化された街の中に、ぽつんと建つこの石碑は何だか不思議な存在ですね。
交通量の多い第一京浜と、山手線等の線路に挟まれる形で存在するこの石碑。
不思議なもので、この街にはこうしたミスマッチな物がたくさん存在しています。
ビルの間に挟まれる様にして建つ御田八幡神社なんかもそうなんですが…、
実は江戸時代のこの辺りの地形を考えると納得っちゃあ納得なのかもしれません。
明治後期の芝浦の埋め立てで、この辺りの風景は一変したと言います。
それまでは東海道の向こうに江戸湾が広がる、それはそれは自然の多い土地でした。
御由緒が和銅2年(西暦708年)という御田八幡神社も、
それまでは旅人のランドマークとして、凛とこの地に建っていた事でしょう。
現在のこのエリアは第一京浜の向こうに日本一の電車車両車庫が広がる場所。
この街をぶらり歩けば、個性的な何かに出会える気がします。
YAJIKITA ON THE ROAD、どんどん先へ進んで行きましょう! 何せ今は逆走中です(笑)



今日はこの第一京浜をひたすら歩く!


第一京浜にかかる歩道橋から東京タワーが!

石碑を後にした我々は取り敢えず駅に戻りました。
歩きながら上を見ると何だかこの辺りはNECのビルが多い事に気付きます。
それもその筈、この街は住友新御三家のひとつNECの本社がある場所。
その為に沢山のNEC関係のビルがあっちゃこっちゃに並んでいます。
なんでも一説ではこの付近の事を【NEC村】とNECの社員の方は呼んでいるとかいないとか。
そんな話を久保さんとしながら第一京浜を歩いていると、何やら目を引く名前の建物が。

『女性と仕事の未来館』

【男性は入れるんだろうか?】と言う、いかにもYAJIKITA発想な疑問を抱えながら中に入ると、
そんな我々を笑顔で迎えてくれたのはこちらの企画課長:佐藤千里さん。
お話しを伺うと、ここは作られて10年目を迎える施設なんだそうな。
働く女性・働きたい女性が充実した職業生活を送る為の支援をする事業を展開していると言う。
そう聴くと少し堅いイメージを浮かべてしまいそうだけど、この施設はそんな感じが全然しないんです。
中に入ると吹き抜けの開放的なエントランス、図書館には蔵書も充実し、雰囲気の良いカフェもある。
取材したこの日もパソコンとにらめっこしながら自習する学生の姿があったり、
もちろん男性の姿もちらほらと見受けられました。



佐藤さんと一緒に!

何よりも驚いたのが3階の【あゆみ展示室】。
ここは働く女性の歴史を、沢山の資料や精巧なジオラマを使って再現している場所。
明治時代〜現在までを6つの区分で分けているんですが、
そこには「家」から「個人」へと自由度を増していった、女性のイキイキとした姿がありました。
男性も女性もパートナーへの感謝の心を忘れちゃイカンという事ですよ。
佐藤さんの話を聞くと、どうやら中学生や高校生の社会科見学も受け付けているそうな。
もし修学旅行で東京に来る事があれば、この施設、利用してみてはいかがでしょう?
ちなみに地下で行われていた企画展【女性と仕事の10年】は2010年3月25日までです。
佐藤さんの息子さんが僕や横山Dの後輩である事を聞いて、ちょっと先輩風を吹かせてこちらを後に。

さて、ここで今回のYAJIKITAのメンバー紹介をしようか!(LIVE風)
作家〜! 久保氏! ディレクター〜! 横山氏! カメラマン〜! 慶吾!
そして旅人〜!永遠の若手!井門〜っ!!(歓声)
という4人での田町〜品川の旅。少しずつ、息が切れてきます(苦笑)
その間も久保氏のうんちくは止まる事を知らず…、この辺りが海岸線だった当時の御田八幡神社の景色、
鉄道は陸地では無く海の上を走っていた話などなど、流石の仕込みっぷりを見せてくれる。

通り沿いのビルに「御田八幡神社」!? よく見るとその奥に神社が!

あっ、そうそう鉄道が海の上を走っていたって、どう言う事か分かりますか??
【海の上】って言っても【堤防の上】の事なんですけど、当時この辺りは宿場町だったんですね。
いわゆる江戸への入り口になる訳なので、旅館なんかも多かった。
きっと当時はこ洒落た料理屋なんかも軒を連ねていたんでしょう、要はお洒落エリアだった。
そこへ新しい文化として鉄道開通の話が転がり込んでくる。住民はどう思うか?
『鉄道なんて敷かれた日にゃ、周辺があっと言う間に開発されて、この景色が無くなる!』
『古き良き宿場町の風情が、そんな得体の知れない鉄のお化けに壊されてたまるか!』
ひょっとしたらそんな声が沢山上がったのかもしれません。
結果どうなったかと言うと、陸地(恐らくは東海道に沿う形)ではなく、
堤防の上(海の上)に線路を敷く事になった。地域住民の声が勝ったわけです。
今の「地域住民VS行政」の形とは少々違うような気もしますね。
昔は何かを訴えるにしても、何かを話し合うにしても、しっかりと真ん中に『心』があったのです。

どこかに当時を偲ばせる物は無いか…そんな事を考えていた時でした。
ありました、ありましたよ!
歩道を遮る様にしてどーんとその存在感を出している物が!



高輪大木戸跡交差点

『高輪大木戸跡』
現代ではお城以外でまず見る事のない石垣が、実は田町〜品川間にはあるんです。
それがこの高輪大木戸跡。大きさで言うと幅4.5m、長さ7.3m、高さ3.6m。相当デカい。
何故にこんな巨大な物が突然この街の中に現れたのか? と、言いますと…、
これ実はある意味での関所だったわけなんですね。
ちょうどこの辺が江戸の境となっていた江戸時代、
東海道から江戸府内に入る入口として設けられたのが、高輪大木戸でした。
ここに門を作り、江戸の治安を守っていたわけなんですが、旅人達の出会いと別れの地でもあったと。
ちょうど東海道を挟んで反対側にも当時はこれと同じ大きさの石垣があったってんですから。
そうか、ここは江戸とそれ以外の地を分ける場所なんだって考えると、これもまた不思議。
ちなみにかの伊能忠敬が日本地図を作る際、この場所を全国測量の基点としたというのは有名なお話。

第一京浜の東側には、ず〜っとJRの車両基地が続いている

我々もいざ、江戸の外に参ろうぞ!
と意気込んでみたものの、年末の時期だというのに泉岳寺に行かないってのがYAJIKITAらしい。

久保「あそこが泉岳寺だよ。」
一同「へぇ〜。」

終了。



泉岳寺の交差点


交差点の少し奥に泉岳寺がある

やっぱり良いよね、YAJIKITAって(笑)
いやYAJIKITA一行、みんな分かっているんですよぉ、奥さん。
ここは泉岳寺行くだろう、普通って事くらい、分かってるんです。でも行かない。
で、泉岳寺に行かないで向かったのがサボテン屋さんだもの。
ところがこのサボテン屋さんは普通のサボテン屋さんとは違う!!
勿論普通のサボテン屋さんがどんなものかは分かりませんが…でもこちらは何かが違うんです。

『FLEUR INA』
第一京浜沿いの歩道に道いっぱいの観葉植物が並んだお店がこちらです。
店内はあまり広くは無いのだが、その店内に所狭しとサボテンが並んでいる。
何と言うか、やはりここにも不思議な雰囲気が漂っているのだ。
とは言えサボテンは綺麗な配置で我々を迎えてくれ、間接照明の使い方もお洒落。
これでコーヒーでも出されたら【サボテンcafe】である。
どんな方が店長なのかとおっさん4人がドキドキしながら呼んでみると、
中から出てきたのは意外にも爽やかな笑顔(失礼)の店長の斎藤彰文さん。
観葉植物とサボテンがメインというお店で、サボテンのあれこれを伺ってみた。
…泉岳寺ぢゃなくてこちらのお店って…改めてYAJIKITAって不思議な番組でしょ…?

そもそもサボテンは観葉植物とは違うんですね。多肉植物。
これは一説には砂漠で水分を多く含むサボテンが、旅人にとって命の源に成り得るからだそうな。
よく『わたしこの前サボテン枯らしちゃった〜』なんて言う方がいますが、
そしてその事を『ずぼらの象徴的出来事』の様に語りますが、全くもってその通りなんです。
なぜならサボテンは春・秋ならば水は10日に1回、夏・冬なら1カ月に1回で良いからです。
それだけ水を必要としない植物を枯らすってんですから、それはもう相当です。
そもそもそんな人は生き物を飼っちゃいけません。サボテンだって生きてるんだから。
サボテンは雨季と乾季がある砂漠の植物。なので雨季に水を蓄える性質を持つんです。
たまに水をたっぷりとあげて、サボテンに水を蓄えてあげるのを忘れないで下さいね。



斎藤さんと一緒に!

車も人もひっきりなしのこのエリアにあって、何だかゆったりした時間が流れる『FLEUR INA』
サボテンを扱ってるからなのか、それともオーナーの人柄なのか。
でも僕は知らなかったなぁ、サボテンの花は何十年も待たないと咲かないものがあるんですって。
その一瞬を待つのに、何十年も楽しみな心を維持するって、やっぱり相当な心のゆとりだと思う。
8千〜1万種はあると言われているサボテン。
皆さんも探してみると、意外なお気に入りが見つかるかもよ?
ちなみに斎藤さんは板橋にもお店を持っているので、ここのお店にいるかどうかは、
お出かけする前に電話で問い合わせていくと間違いありませんよ〜!
斎藤さんのお話し、面白いです!



この辺りは神社やお寺がとても多い。
通り沿いにある「高輪神社」


高級ホテルが並ぶ品川

お店の外に出ると、もう夜の帳が降り始めていました。
この季節、夜の空気はぴーんと張りつめたようで、車の往来が多い道路の脇を歩いていても、
少しだけ空気がピュアになった様な気にはなります。目の前はもう品川。
だいぶ大きなビルやホテルが目立つ様になってきました。万歩計もかなり良い感じ。
ここまでの歩行距離、田町から品川までおよそ2.2kmかぁ。
前回よりは全然歩いていないけど、でも今回も健康になった気はするぞ(笑)
よしっ、品川駅前に到着!! ここで今回の旅を綺麗に締めて、旅は終了だ!

え?? まだある?

横山「なに〆ようとしてるの?」

久保「ほんとだよ。はい、井門、コレあげる。」

え?? 何? 何でメジャー渡されてるのオレ…。
しかもいつの間にかカメラマン、代わってね? 慶吾から川畑君に代わってね…?



エキュート品川

『エキュート品川』
と言う訳で、メジャーを渡され品川駅構内へと入った我々。
この「ぶらりシリーズ」は大体駅前でラストを飾る事が多かっただけに、完全に安心してた…。
久保氏に聞くと、どうやら鉄道に関連した物がこの【駅ナカ】にあるらしいのだ!
最近東京のターミナル駅にはこうした【駅ナカ】と呼ばれる施設が沢山存在する。
品川駅の『エキュート品川』もそんな駅ナカの一つ。
駅の改札内側に個性豊かな様々なショップが集合し、まるでショッピングモールの様相を呈している。
ここに入るには勿論切符が無ければならず、だからこそ何だかここで買い物をしてると、
『駅ソトの諸君、おれは今駅ナカで買い物してるんだぜ〜。』と優越感にも浸れるわけだ。
しかも入っているショップがお洒落で、美味しそうなお店ばかりってのもキーポイント。
品川駅は新幹線の駅でもある為に、東京から遠くへ行く方も多い。
そんな方々が手土産を持っていくのに、この【エキュート品川】さんの存在は大変有難い訳だ。

井門「ねぇ、久保氏。鉄道に関連したものって何よ?」

食べ物やスィーツを扱うお店が多い中で、鉄道関連という言葉がなかなか結び付かない井門。
そんな僕を尻目に、何やら含み笑いをしている久保氏と横山氏。

久保「井門、あれ見てごらん。」

促された先にはショーケースに宝石のごとくキラッキラと輝くケーキ達。
物凄く“美味しそうオーラ”を放っているこのお店は『QBGル・パティシエ・タカギ』。
我々は事の真相を、ここのシェフ パティシエである北時大さんに伺った。
一体ここのお店で提供している鉄道関連の物って何なのさ!!

井門と同い年でありながら2児のパパだという北時シェフ。
その落ち着きと物腰の柔らかさは流石、2児のパパである。
しかもお父さんがケーキ屋さんって、子供にとってむちゃくちゃ嬉しいよね。
メープルシロップやイタリア産のはちみつを使って作るここのケーキは、
どれもこれも良い香りを放っていて、見た目にも本当に美味しそう。
だけど一向に鉄道関連の謎は解けないままなのであります…。

井門「北時シェフ、そろそろ教えて下さいよぉ。」

北時「分かりました。お作りしてお持ちしますので、テラスでお待ち下さい。」

…?? 作る?
一体シェフは何を作って持ってくる気なんだろうか?
相変わらず久保氏と横山氏は含み笑いを続けている。川畑君はいるのかいないのか分からない(笑)
言われるままにお店奥にあるテラスへと移動した我々は、シェフを待った。
それにしても、駅ナカショップの更に中に、テラス席があるとは…恐るべしエキュート品川!



北時シェフと一緒に!

北時「井門さん、お待たせしました〜!」

!!
シェフ、そ・それは…!!

お皿を抱える様にしてシェフが持ってきたのは、それはそれは長いロールケーキだったのだ!
長いと言っても本当にその長さは尋常なロールケーキの長さでは無い…。
よく見るとケーキ正面にはメダル型のチョコが飾られ、まるで列車の様だ。

!!
なるほど、シェフ! これ列車をモチーフにして作ったロールケーキでしょ!?
きっとそうだ、そうに違いない、と騒ぐ井門に「やっと気付いたか」と言わんばかりのスタッフ。
テーブルに置かれたこのロールケーキこそ、駅ナカにある鉄道関連の物。
その名も…、


プラレールエクスプレスロール!!


急行列車巻き、とでも訳そうか。
なるほど、だから久保氏は僕にメジャーを渡したわけですね(笑)
良いでしょう、良いでしょう! このロールをメジャーで測ってみましょうよ! ヨイショっ!

おぉ…ふむふむ…およそ〜…50cm!!!

簡単に50cmって言うけど、これは凄い事ですよぉ、奥さん。
何でもこのロールケーキ、プラレール誕生50周年という事で作られた物なんだとか。
それを聞いて、なる程と思うんだなぁ。
だって先頭車両に付けられたメダルチョコには、大きな文字で50と書かれているんだもん。
他にもこのロールケーキにはあっちこっちに美味しい工夫がされているんです。見てて楽しくなる。
まず、車輪は全てチョコで出来ていて、真っ白のクリームでコーティングされた車両には、
ベリー系であしらわれた窓が付けられ、ケーキの上にも沢山のフルーツが載せられているときた!

そして、ここが北時シェフの心意気!! 何と最後尾車両のお尻にも、メダルチョコが付いているのだ!
本来は先頭車両のみにチョコが付く予定だったのだが、2児のパパであるシェフは、
「それだと子供2人の家は、絶対子供同士がメダルチョコの取り合いになる。」と考えた。
その気持ちをプラレールを作っているタカラトミーさんに話した所、その優しさに打たれ、
無事にこのプラレールエクスプレスロールにはメダルチョコが2枚付いたとさ…というお話し。

この話を知らなければ、「あぁ、2枚チョコが付いてるんだなぁ。」で終わるでしょう?
きっと世の中に出回っている物の多くには、こうやって作り手の心意気が入っているんですよ。
そう思うと、世の中は優しさに溢れている、という風にも考えられません?
長い時間の持ち運びが出来ないので、なかなか食べる機会は無いかもしれませんが、
このプラレールエクスプレスロール、1本50cmと言う長さにシェフの優しさが詰まって、
そのお値段\2,940というお手頃価格となってます。味も本当に本当に美味しかった!
メイプルシロップをたっぷりと浸み込ませたラスクも、驚きの味ですよ!
こちらはwebでも買う事が出来るので、是非お試しあれ〜♪

田町から品川まで、およそ2.2kmの旅。
何だか今回は江戸時代から21世紀の今までを歩いた様な気がしたなぁ。
この街が持つ一種独特の空気感は、ここで暮らしてきた人達が長い時間をかけて作りあげた物。
そしてその流れはとてもゆったりで、心地良い。
きっとそれはここで暮らす人達が、自分の時間をとても大事にしてきたと言う事なんだろう。

文化や伝統、もちろん建造物も人が作り上げる物だ。
だが何より『街の個性』こそ、人が作り上げる最たる物なんだと思う。

ぶらり歩いてみると分かる、その街の個性。

大木戸をくぐり抜け、江戸を飛び出した今回のYAJIKITA ON THE ROAD。
東海道を品川へと出たこの旅の僕の歩みは、1万207歩だった。



今回のオフショットは…、このロケの時のランチはカレーでした!

※(注)使用している写真は、ロケ当日に撮影したものだけではなく、
事前のロケ下見時のものや、追加収録ロケ時のものも含まれます。