周辺地図はコチラ
 
旅人 : 美甘子

龍馬の道…東京に残る、龍馬ゆかりの地めぐり…

HOME>龍馬1>龍馬2
     
 

歴ーっしゅ!好きな刀は陸奥守吉行でおなじみ、歴ドル美甘子です。
今回は、東京近郊の龍馬ゆかりの地巡りということで、行ってまいりました〜。

まずは、千葉道場「玄武館」跡。龍馬が通っていたのは、ここではなくて千葉周作の弟、定吉先生のやっていた、
通称「小千葉道場」。今の東京駅近くらしいですよ!
小千葉道場といえば、龍馬と恋仲になったといわれる、千葉さなさん。
龍馬の死後も生涯独身を貫いていたと言われていましたが、なんと!つい最近、さなさんが
鳥取藩士と結婚していたという明治の新聞記事が見つかりました。ビックリですね!
大河ドラマで龍馬が注目されている今、新発見がぞくぞくと見つかっています。
歴史が変わっちゃうかも!?


つづいて、ニコライ堂。龍馬が開拓したかった北海道に、龍馬が逃がした山本琢磨が行き着いてキリスト教を学び、
このニコライ堂を建てたと思うと、感慨深いです。


そして、旧岩崎邸庭園へ。岩崎弥太郎さんといえば、三菱財閥の創始者でございますが、
大河ドラマ龍馬伝では、おうちが悲惨なくらいボロボロですよね。
実際、高知の生家にも行きましたが、あそこまでボロボロではないです!!
でも、身分は土佐の地下浪人というとても低い身分でした。でも、要領がよく勉強熱心だったからこそ、
あんなに大きくなっていくのです。龍馬さんが生きてたら、弥太郎さんと一緒に三菱を創ってたかもしれませんね!



ちょっとお腹が空いてきました・・・。いざ京急沿線の立会川へ!
立会川がなんで、龍馬ゆかりの地なの??と思う方もいるかもしれませんが、今、立会川商店街は龍馬一色でございます!

黒船が来た時に、龍馬が土佐藩の命令により、沿岸警備させられたところが、ここ立会川の浜川砲台なのです。
当時は歩いて警備しに向かってたでしょうというところから、龍馬の足あとの形をした、足跡パンが売ってます!
右足と左足で、あんことカスタードという味になっております。
なんと、龍馬の妻、おりょうさんのおっぱいパン(ミルクパン)も販売してました!
おりょうさんも、まさか自分のおっぱいが現在販売されてるとは、思いもしないでしょうね!
ここ、カフェロティの店長さんも大の龍馬好きです。オリジナル龍馬グッズ、手ぬぐいや扇子などありますが、
デザインがとてもオシャレなので、私もお気に入りですよ★

そして、立会川商店街では龍馬ラーメンも頂きました!!龍馬が京都近江屋で暗殺される際、食べたかった軍鶏鍋。
その、軍鶏肉があっさりしたおダシのラーメンに入っております。とっても美味しい!!
葉にんにくのシャキシャキした食感も最高です。龍馬餃子は、龍馬のふるさと高知のカツオが入っております!
タレをつけなくてもそのままの味が本当に美味しかった!!みなさんぜひ食べてみてくださいね!










東京の中でも、意外と龍馬スポットがあるんです!立会川は、フラっと行って美味しいもの食べれて
龍馬像にも会えるし、浜川砲台の石も見れますから、幕末に思いを馳せて歴史と共に楽しむのもいいと思いますよ〜!


それでは、お疲れきーっしゅ!(次号に続く)

HOME>龍馬1>龍馬2